リスク(保険)サポートⅡ

現在の生命保険を団体扱いへ切り替え

生命保険

〜 まだご利用されていない先生は、組合までご一報ください。 〜

 

先生が毎月お支払いされている生命保険を、医師協同組合がとりまとめて生命保険会社へ支払うことによりお支払保険料を1~3%割引できる制度です。

 

メリット

 ① 長期の契約期間となる生命保険では、1~3%の割引は支払合計金額が大きくなり、無視できない節約になります。

 ② 既存契約の扱いは、今までのままです。保険会社、扱い社員、扱い代理店はそのままであり、問題なく簡単に手続きできます。

団体扱い可能生命保険会社

下記の保険会社にすでにご契約の先生は、中途でも団体扱いへ切り替えることが可能ですので(代理店取扱いは、そのままで)ぜひお申し出ください。

 

日本生命、 第一生命、 明治安田生命、 住友生命、 大樹生命、朝日生命、 ソニ-生命、SONPOひまわり生命、東京海上日動あんしん生命、 三井住友海上あいおい生命、アメリカンファミリ-生命、 プルデンシャル生命、 ジブラルタ生命、 メットライフ生命、 大同生命

 

※団体料率適用後の保険料は、ご契約の保険会社にお問い合わせください。
※保険種類によっては、団体扱いにできない場合があります。

損害保険

団体医師賠償責任保険(開業医・勤務医) 医療保険・がん保険
団体所得補償保険 介護保険

団体長期障害所得補償保険 個人情報漏えい保険
傷害保険(ゴルファー特約) 集団扱自動車・集団扱火災保険

取扱損保会社
損害保険ジャパン㈱、東京海上日動火災保険(株)、三井住友海上火災保険(株)、AIU損害保険(株)、Chubb損害保険(株)